乃木坂いち押し情報!!

乃木坂46の最新情報を随時掲載!!!
メンバーの紹介から、ファン必見の耳より情報までワクワクするような画像や動画をどんどん配信いたします!!

    カテゴリ:乃木坂46 > 西野七瀬(なあちゃん)



    1 ベルデモ ★ :2018/04/04(水) 03:42:50.52 ID:CAP_USER9.net

    2018年4月3日 17:59
    アサ芸
    https://www.asagei.com/excerpt/101682


    (出典 www.asagei.com)


    この結末はわかっていたが、やっぱりファンの心の準備はまだだった。

     乃木坂46・西野七瀬が、3月31日放送の主演ドラマ「電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-」(テレビ東京系)最終回で見せた野村周平とのキスシーンに大きな反響が集まっている。
    今作で西野はビデオデッキから飛び出してきたビデオガールの天野アイを演じ、野村周平扮するごく普通の高校生・弄内翔(もてうち・しょう)と共同生活を送るという役どころ。
    最終回ではビデオの再生期間が終わってしまい、翔の前から姿を消し物語は幕を閉じた。
    話題のキスシーンは、再生終了時間まで3分を切り、自身が消えてしまう直前にアイ(西野)が、「キスしようぜ、したいんだ。
    キス…大好きだよ」と、ファンであれば西野に一回は言われてみたいような言葉を翔にかけ、キスの動作へ。が、画面は徐々に明るくなり、2人の唇が触れたか触れていないかのタイミングで完全に真っ白に。
    これをキスシーンとするかどうかは意見が分かれるところだが、映像を見る限りでは2人の唇は触れているようにも見えたため、ファンの間ではキスシーンという認識になっているようだ。

     もっとも、原作の漫画では「これを国民的アイドルが演じるのか!?」と思ってしまうような艶っぽい描写も多かった。
    が、もちろんカメラの前で西野が全脱ぎした姿を披露するようなことはなく、想定の範囲内のいちゃつきシーン、キスシーンを除けばファンが傷つくような過激シーンはなく、最終回を終えた形だ。
    しかし、それでもファンの声をリサーチしてみると、「やっぱり、キスは見たくなかった」「何だろう、他のメンバーのキスシーンは耐えれるけど、
    なーちゃんのキスシーンは堪えるな」「野村周平と今後共演したら警戒しちゃうかも」などといった声が上がっている。

    「乃木坂では生田絵梨花、白石麻衣がすでに出演作品でキスシーンを経験済み。
    次世代エースの齋藤飛鳥も、秋公開の恋愛映画『あの頃、君を追いかけた』でキスシーンが披露される予定ですから、役者としての仕事も増えていくメンバーにとっては、キスシーンは最初の大きな壁といえるでしょう。
    その壁にメンバーが安心してぶつかれるように応援してあげるのもファンの役目だからこそ、メンバーのキスシーンにも耐性がついてきていたはずですが、西野のキスシーンにはショックを受けてしまったようですね。
    というのも、か弱く見ていると守ってあげたくなるような魅力がある西野には、アイドルを恋愛対象に見る“ガチ恋”と言われる熱心なファンも多い。
    しかも相手が、共演女優とのイチャイチャぶりをみせつけてくることで有名な野村ですから、よけい嫉妬してしまったようですね」(アイドル誌ライター)

     とはいえ、今回のキスシーン、唇は触れていたとしても、キス中に過激な動きが見られていたわけでもないため、未遂と言えば未遂。

     今回のキスシーンも西野のためと前向きにとらえ、いずれくるであろう、ガチのキスシーンを正面から受け止められるぐらいに強くなってほしいものだ。


    【【芸能】乃木坂46西野七瀬、主演ドラマ最終回で「野村周平とキス」にファン大傷心!】の続きを読む



    1 ジョーカーマン ★ :2018/03/29(木) 20:06:26.20 ID:CAP_USER9.net

    人気アイドルグループ・乃木坂46の西野七瀬が、NHK総合のコント番組『LIFE!~人生に捧げるコント~』(4月6日・13日放送 後10:00)に出演することが29日、わかった。
    憧れていた、人気コントシリーズ「ムロ待ち」でコント挑戦を果たす。

    4月6日・13日の放送回は「LIFE! 三津谷寛治のプレミアムマーベラスセレクション」と題してオンエア。
    コント「ムロ待ち」では、そんな西野の前に“ムロツヨシを育ててきた女”黄金原聡子(シソンヌ・じろう)が現れて、ひと騒動が巻き起こる…という内容になっている。

    西野は「よく見ていた『ムロ待ち』に自分が出させていただけて、うれしかったです」と感無量の様子で「黄金原さん、大きくて壁のようだった!」と感想を語った。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180329-00000352-oric-ent

    西野七瀬がコントに挑戦 NHK『LIFE!~人生に捧げるコント~』

    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    乃木坂46 西野七瀬

    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    【【乃木坂46】西野七瀬、『LIFE!』でコント挑戦 憧れの「ムロ待ち」出演「黄金原さん、大きくて壁のようだった!」】の続きを読む



    1 ジョーカーマン ★ :2018/03/22(木) 00:11:01.89 ID:CAP_USER9.net

    乃木坂46の西野七瀬が、22日発売の「月刊ヤングマガジン」4号の表紙、巻頭グラビアを飾る。

    主演ドラマを経て、また成長した西野は春の装いで登場。
    デコルテがあらわになった表紙をはじめ、美肌が煌めくカットなどが掲載されている。

    http://mdpr.jp/news/detail/1754456

    「月刊ヤングマガジン」4号 西野七瀬

    (出典 mdpr.jp)


    (出典 mdpr.jp)


    (出典 mdpr.jp)


    (出典 mdpr.jp)


    乃木坂46 西野七瀬

    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    【【乃木坂46】西野七瀬、「月刊ヤンマガ」グラビア登場 デコルテあらわの美肌が眩しい】の続きを読む



    1 ジョーカーマン ★ :2018/03/23(金) 17:52:47.08 ID:CAP_USER9.net

    乃木坂46で雑誌『non-no』専属モデルの西野七瀬の1stフォトブックのタイトルが『わたしのこと』(集英社/5月9日発売)に決定。
    さらに、表紙、帯コメントも発表された。

    西野七瀬、“女神感”があふれている表紙に

    撮影を行ったのは、自身が「ずっと憧れていた場所」と語るモロッコ。
    湖をバックに夕陽を受けてたたずむ姿から“女神感”があふれている、美しい1枚が表紙になっている。
    そして、見て、読んで、より深く『今の西野七瀬』を知ることができる今作のタイトルは、『わたしのこと』。
    表紙に記されているタイトルは、本人直筆のもの。

    乃木坂46総合プロデューサーの秋元康氏からは、「西野七瀬には、いくつもの意外な部分がある。自分について多くを語らないから、意外に思うだけなのだろうか?彼女の魅力はその神秘性にある」とコメントが届いた。
    西野七瀬の知られざる素顔と本音に触れられる1冊になっている。

    西野七瀬、1stフォトブック表紙は3パターン

    また、アマゾン、セブンネットショッピングから発売される、それぞれ通常版とは異なる写真を使った「限定表紙版」のカバーも解禁。
    アマゾンの限定表紙は、カフタンドレスをまとった、はかなげで可憐な表情。
    一方、セブンネットショッピングの限定表紙は、どこか“モデルの西野七瀬”も感じさせる凛とした表情を採用し、通常版と合わせてコレクションしたくなるような仕上がりに。

    西野七瀬、1stフォトブック『わたしのこと』とは

    モロッコではフォトジェニックな街・マラケシュを中心に撮影を敢行。
    アフリカ大陸の自然に囲まれてリラックスした笑顔、色っぽ可愛い水着姿、同性でもドキっとするような大人の表情…。
    ページをめくるたびに新しい魅力に出会える、そんな写真の数々が収められている。

    また、私服&メイク研究、「#なぁちゃんとデートなうに使っていいよ」と題した妄想フォトストーリー、ゲストにお父様を迎えた対談、日記帳公開など、ここでしか見られないコンテンツが盛りだくさん。
    さらに、以前より書籍化希望の声が届いていた『non-no』のインタビュー連載『ななせるふ。』を約2年半分を総まとめ。
    2015年8月号から毎月取材を続け、合計インタビュー時間は約30時間。
    その瞬間、瞬間のリアルな心の内に触れることができる、ファン必読の内容に。
    ファッション、ビューティ、知れば知るほど興味深い頭の中まで、進化し続ける『今の西野七瀬』をギュッと凝縮したフォトブックとなっている。

    秋元康氏コメント
    「西野七瀬には、いくつもの意外な部分がある。自分について多くを語らないから、意外に思うだけなのだろうか?彼女の魅力はその神秘性にある」

    西野七瀬プロフィール
    1994年5月25日生まれ。
    乃木坂46のメンバーとして、男性からはもちろん、女性からも絶大な支持を集める存在。
    ドキュメントバラエティ『ライオンのグータッチ』ではMCを務め、映画『あさひなぐ』(2017年)、ドラマ『電影少女 ?VIDEO GIRL AI 2018-』に主演するなど女優としての活躍もめざましい。
    2015年6月号より、雑誌『non-no』専属モデルとして活動をスタート。
    『non-no』2018年6月号(4月20日発売)では、同じく専属モデルを務める渡邉理佐(欅坂46)とともに“坂道姉妹”の2人で表紙を飾ることも発表され、大きな話題に。

    http://mdpr.jp/news/detail/1755003

    西野七瀬1stフォトブック『わたしのこと』通常版表紙

    (出典 mdpr.jp)

    アマゾン限定版表紙

    (出典 mdpr.jp)

    セブンネット限定版表紙

    (出典 mdpr.jp)


    西野七瀬1stフォトブック『わたしのこと』

    (出典 mdpr.jp)


    (出典 mdpr.jp)


    (出典 mdpr.jp)


    【【乃木坂46】西野七瀬が美し過ぎて“女神感”溢れる 1stフォトブック表紙&タイトル解禁】の続きを読む

    このページのトップヘ